Pocket

「海とくらしの史料館」では、1階展示室にて、北前船資料パネル展示を開催中。

江戸時代には日本海や北海道の港から江戸や大坂へ、米や魚などが船で運ばれていました。当時の陸上交通では大量の運搬が困難なため、「北前船」は全国の産物の流通に大きな役割をはたしていました。

「北前船」の多くは、春から秋にかけて大坂と蝦夷地を往復しました。弓ヶ浜の綿や木綿の買い入れと、綿作の肥料として大量に使用された北海道産の「ニシン粕」売り込みに、境港に頻繁に入港しました。

明治半ばになり、鉄道が発達してくると、大きな船が入れない多くの港は衰退していきますが、港の環境に恵まれた境港は新しい時代に対応した日本海側有数の港として発展していきます。

(参考)「境港 昔と今」「境港市史」「市報さかいみなと」