Fish specimens and old japanese life museum

サメ祭 海とくらしの史料館開館25周年イベント

  • HOME »
  • サメ祭 海とくらしの史料館開館25周年イベント
Pocket

海とくらしの史料館には、サメのはく製が約40種50体展示されています。大型のウバザメやホホジロザメ、オナガザメ、イタチザメ等、見ごたえ抜群のサメコーナーがあります。動かないはく製は、観察にピッタリです。水族館で泳ぐサメも魅力的ですが、普段見れない口の中や歯の並びなど、じっくりと見ていただけることができます。

2019年の夏は、サメに焦点をあてて、世界で唯一のシャークジャーナリスト沼口麻子さん、香川大学准教授・畦五月さんを迎え、サメについて学ぶイベント「サメ祭」を開催いたします。

めかぶさんのイラストとともにチラシに登場した3体のサメを紹介いたします。

ネズミザメ目 ネズミザメ科 ホホジロザメ

尾びれは下葉が長く、全体として三日月形を呈する。尾柄側部に1本の隆起線がある。上顎歯はほぼ二等辺三角形状で、上下顎歯ともに強い鋸歯縁をもつ。

ネズミザメ目 ウバザメ科 ウバザメ

口や鰓孔は非常に大きく、鰓孔は体の背縁から腹縁近くまで開く。尾鰭下葉が発達し、全体に三日月形である。ジンベイザメにつぐ大型のサメである。

メジロザメ目 シュモクザメ科 アカシュモクザメ

頭部前縁はまるく突出する。頭部前縁の鼻孔へいたる溝は短く、吻前端(中央部)と鼻孔の中間点に達しない。吻の前端部はへこむ。

TEL 0859-44-2000 受付時間9:30~16:30(火曜休館)

休館日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »